焼肉は東京都足立区のおいしい黒毛和牛A5ランク使用の備長炭焼肉やわらへ。北綾瀬駅近くの焼肉屋です。

黒毛和牛とは

最高峰牛肉

高級和牛肉「黒毛和牛」

おいしい肉、質のいい肉と言われるのは、ほとんどが
食肉専用の『和牛』です。
その和牛の約9割を占める『黒毛和牛』(正式名称:黒毛和種牛)は、
すぐれた資質を持つ銘柄牛として、肉質・風味・色合いなど
すべてにおいて最高の牛肉と評価されています。
中でも、西の松阪牛、東の前沢牛、神戸牛、米沢牛、
近江牛は、和牛の最高峰に〜。

黒毛和牛の魅力

黒毛和牛肉の写真和牛には、日本独特の性質を持つ「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4種があります。 その中で最も有名なのが黒毛和種(黒毛和牛)で、国内で飼育されている和牛の主流となっています。

黒毛和牛の特徴は、なんといってもそのきめ細かさと柔らかさ。 焼肉やステーキにしたときのとろけるような味わいは、まさに絶品です。 特に最高ランクA-5の黒毛和牛は赤身と霜降りのバランスも申し分なく、脂に上品な甘みが感じられます。

最高の品質とされながらも、牛肉全体の15%しか出回っていない逸品。 それが黒毛和牛なのです。

日本が誇る『お肉の芸術品』

黒毛和牛の中でも、松阪牛は特別です。食欲増進のためビールを飲ませたり、毛づやを良くするため
焼酎でマッサージしたりと、農家が手塩にかけて飼育しています。そのため肉質が柔らかく、
霜降りの脂肪分に強い甘みのある牛に育つのです。
その奥深い豊かな風味から、松阪牛は『肉の芸術品』と言われています。
平成14年度の第53回松阪肉牛共進会では、なんと史上最高の1頭5,000万円という値で松阪牛が取引され、
一段と松阪ブランドの価値が上がりました。
これにより松坂牛は『日本一』、いや『世界一』のブランド黒毛和牛としてその名を馳せることになったのです。

黒毛和牛の『血統書』(子牛登記証明書)

子牛登記証明書黒毛和牛は、日本の水田耕作用として長年にわたって改良・飼育されてきましたが、近年では肉質に優れていることから肉用種としての改良が進められています。
牛にはそれぞれ名前がつけられ、生まれた場所、生年月日、両親、祖父母など親子4代にわたる血統が「子牛登記証明書」に明記されます。これは社団法人全国和牛登録協会等が発行・管理するもので、いわゆる牛の「戸籍」になります。
子牛登記証明書には、個体判別ができるよう「鼻紋」が貼付されています。鼻紋とは牛の鼻にあるシワのことで、人間でいう指紋のように一頭一頭違う模様になっています。
鼻紋採取は、なかなかじっとしてくれない牛の鼻にインクを塗り、和紙にすばやく模様を写しとるという大変な作業ですが、これが安全・安心の信頼の証となるのです。
純血にこだわることで、黒毛和牛は不飽和脂肪酸(香ばしさ、風味)やアミノ酸(旨味成分)の量が多くなり、栄養学的にも「おいしさ」が実証されています(不飽和脂肪酸の数値が大きいほど加熱後の香ばしい香りが強くなり、アミノ酸含有量の数値が大きいほど旨味が増します)。

▲ このページのトップへ戻る

ご予約・お問い合わせは、お気軽にどうぞ。〒120-0006 足立区谷中3-18-2  東京メトロ千代田線  北綾瀬駅から徒歩5分 駐車場 6台有 メールフォームはこちらから